リフォームローンの金利

リフォームローンの金利

リフォームローンの金利 リフォームローンを組む時には、多数ある銀行などの金融機関から資金を借りることになります。
できれば安い金利でと考えるのが普通ですが、どのくらいが目安であるかを見ていくと、3~5%程度が平均値です。
住宅ローンと比べても1~2%程高いので、同じ感覚で借りてしまうと返済金額に大きな差が出てしまうため、できる限り安いところを選びたいところです。
しかし、ここで注意しなければならないのが保証料という項目になります。
これは金利に上乗せされるため、実際の返済金額に大きな影響が出てきます。
リフォームローンを組む際には、保証料やその他諸経費などを鑑みて、考慮しなければなりません。
たとえ0.5%の差だとしても、数百万以上の金額ともなれば返済総額に数十万も開きがあるため、借りる金融機関を慎重に決めていく必要があるでしょう。
また、金利そのものだけでなく、借入者本人に万が一のことがあった場合の保険があるかも確認しておきたいところです。

リフォームローン利用時の注意点

リフォームローン利用時の注意点 リフォームをするのにも多額の費用がかかりますのでローンを組んで行う人も少なくありませんが、どのような種類を選んだとしても融資限度額はあまり高くありませんので注意しなければなりません。
家を建てる時や購入する時にもローンを組みますが、その場合の融資限度額は非常に大きいのでそのまま全てをローンでまかなうこともできますが、リフォームの場合は上限の関係上、全てをまかなえないケースもあります。
ですから、ある程度は自己資金を用意しておいて足りない分を借りるか、あるいはお金のかからない方法を模索して費用を抑えることが大切です。
それでも足りないという場合には、土地や建物を担保にして融資を受ける有担保のタイプにする必要があります。
土地や建物の査定を行ってもらい、融資希望額以上の資産価値があれば希望の額を借りることができます。
土地などの資産を持っている人はこのような方法も可能ですので、リフォームをする前に検討してみることが大切です。